早稲田大学(スポーツ科-スポーツ科)合格 M・O君

M・O君(宮崎南高校卒)
早稲田大学(スポーツ科-スポーツ科)合格
早稲田大学(人間科学-健康福祉)合格
法政大学(スポーツ健康-スポーツ健康)合格
同志社大学(スポーツ健康-スポーツ健康)合格
立教大学(コミュ福祉-スポウェル)合格

北予備での1年間はほんとうにあっという間でした。この1年間、授業の予習、そして復習というサイクルを何度もやりました。すると、目に見えて成績が上がりました。また、伸び悩んでいた時は周りの友人と励ましあいながら勉強したことも、良い思い出になりました。ほんとうに北予備でよかった。

九州大学(理-物理)合格 G・Y君

G・Y君(延岡学園高校卒)
九州大学(理-物理)合格

あっという間の1年間だった。勉強面に関して、基本事項をしっかりと確立することが、問題と解くための必要条件であると考えていたからだ。基礎を固めることが難しい数学や、自分1人では勉強できなかった古文、漢文、英語は特にオーダーメイドVODを見た。オーダーメイドVODは分野別のもののあり、知識が精査しやすかった。

広島大学(歯-口腔)合格 N・Sさん

N・Sさん(宮崎大宮高校卒)
広島大学(歯-口腔)合格

私は特別な勉強法はありません。現役時代は単純に勉強時間が足りなかったので、北予備で勉強時間を圧倒的に増やすことができました。自宅だと集中して勉強できない私にとって、北予備の自習環境は最適な環境でした。1年間、一緒に頑張ってきた友達の存在も大きく、最後まで頑張ることができた最大の理由です。

熊本大学(薬-創薬・生命薬)合格 N・T君

N・T君(宮崎南高校卒)
熊本大学(薬-創薬・生命薬)合格

北予備に来て分かったことといえば、予習→授業→復習×3回のサイクルだ。予習ができなかったところは何度も復習した。一度やったことのある問題は、次に出た時に必ず解けるようにした。そうやって確実に解ける問題を増やしていくことが、合格への一番近い方法だと思う。

九州大学(芸術工-画像設計)合格 M・Iさん

M・Iさん(宮崎大宮高校卒)
九州大学(芸術工-画像設計)合格

センター試験で良い点を取るために、センター対策朝テストを活用した。毎朝5教科ずつともなると1週間だけでも膨大な量だったが、根気強く毎日全て解き間違えたところをチェックすることで、1年間かけてセンター試験のための実力を備えることができた。本番では朝テストに出ていた問題が多く出題され、やって良かったと心から思った。